コーヒー教徒の流転奮闘

コーヒーを淹れる、その儀式であなたは癒されます。コーヒーを飲むのが好きなあなたは既に我々の信者です。

コーヒーイベント「WE LOVE COFFEE」に行ってきました。

みなさま連休はどのようにお過ごしでしたでしょうか。

Covid-19もまた発症者が増えてきた時期ではありますが、コーヒーのイベントと聞くとなんとなくいきたくなってしまいます。

 

と言うわけでこのイベントに行ってきました。

event-checker.info

 

入り口のデザインが秀逸です。

f:id:turning-running:20201124005643j:plain


11ブースの出店がありました。

 

f:id:turning-running:20201124005651j:plain

 

なかなかの混雑具合です。

f:id:turning-running:20201124005832j:plain

 

今回は押上のアンリミテッドのブースで試飲、豆を購入しました。サコッシュもかわいいデザインだったので購入しました。

 

f:id:turning-running:20201124005908j:plain

 

購入したのはマイクロロットのエチオピア シャキソ アナエロビックナチュラルを購入しました。

家に帰って、プアオーバーでのんでみました。

いちごジャムののような芳醇な果実感があり美味しいコーヒーでした。

最近流行りのアナエロビック(嫌気性発酵)については詳しくは知らないのですが、

ナチュラルと言う割りに、ありがちな雑味もなく、クオリティの高いコーヒーだと思いました。

 

もう一種類コロンビアを購入したのですが、そちらは父に。

いい休日でした。

日本シリーズ!!

私、福岡出身でありまして鷹ファンであります。

今年は特に、テレワークが続いたので終業後の18:00-は野球観戦に費やしてました!

来年こそは現地で観戦しまくるぞと、そういう心持ちで日本シリーズを家で観戦しているのであります。

 

いつもはパ・リーグliveで観戦しているのですが、今日は中継されないということでテレビでの観戦でした。

 

結果はホークス快勝!!

栗原のホームランとタイムリー!!

周東の盗塁!!

とホークスファンにとって見どころの多い試合でした。

負けた巨人は明日からより一層の決意を持って試合に望まれることでしょうから、熱い試合がみられそうです。

 

しかしここで私はいいたいのであります。

テレビ中継でこんなに面白くなかったのか、と。

ネット中継にはCMでの中断はないので、イニング間のベンチの様子や、監督コーチ陣の動き、ブルペンの雰囲気などの情報量が圧倒的に違います。

 

まして今日の放送に関していうと、8回のモイネロの投球の間にもCMが入るではありませんか。そして試合後の監督、ヒーローインタビューも全カット。

 

これはどうしたことでしょう。安いスポンサーしか見つけられなくて枠を増やさざるを得ないのですか?

それとも巨人が負けた腹いせですか?

 

監督やコーチはマスクをつけていて、カメラに写っていてもどんなことを考えているのかがなかなかわからず、せめてインタビューでもしっかり見たいと思うだけに悲しいです、、

 

そのような様子だからテレビは視聴者をネットに奪われてしまうのですよ、、

 

ホークスは球団オフィシャルリポーターの和子さんがいつも選手のリアルな様子をYouTubeなどから届けてくださるので、テレビの情報量の薄さがどうしても目立ってしまいます。

 

また、パ・リーグではパ・リーグTVのYouTubeチャンネルが秀逸で、試合のある日は毎日珍プレー好プレーや素晴らしいプロ選手の技術をまとめて魅せてくれるので、日に日に野球を見るのが楽しくなっていきます。

 

それというのに、、、

明日はHuluから見ることにします(放映されるのしらなかった)

 

 

 

ちなみに今日もフグレンに行きエスプレッソとフィルターコーヒーを飲みました。

 

エスプレッソ(豆記録忘れ)

赤ブドウやプラムを感じる果実感で、一体感があり、後に引く甘さを感じました。穏やかな味でしたが豆の個性は感じられ、飲みやすく美味しいエスプレッソでした。

 

ホンジュラス・ネルソンラミレス

きび砂糖、プラム、ベリーとカードに記載

優しい甘さと穏やかな果実感で後味にごく僅かな枯れ草のような感触があるのできび糖のような甘さを感じられると思います。とにかくクリアで飲みやすく、ガブガブのんでしまいました。

 

 

 

 

 

グラインダーに不安が

グラインダーが不安である!!!

 

普段家でコーヒーを飲むときは、ハリオV60か、エアロプレスで飲むのですが、どうも最近、グラインダーの歯の甘さが目立って味がぼやけてしまうのが気になります。

 

グラインダーは相変わらずoxoを使っているのですが、取り外し交換可能な歯の受けがプラスチックでできていて、なおかつ歯がステンレスなのであまり粒度も一定でなく、切れ味が良いとは思えません。

 

このグラインダーの真価はそこそこの豆を一日に何度も飲んだりする場合に発揮されるい気がします。

今はとにかく精度のいいグラインダーが欲しい、、、、

 これが気になってます。

確か、Tim Wendelboe監修でしたよね。。。

 

 

スタバで何を頼みますか?

スタバに行って何を頼みますか?

ええ、そうでしょう。キラキラかわいい女の子は季節限定のフラペチーノを毎回抑えていることでしょう。それでなくとも、少し落ち着いた、けれども甘くて美味しいモカキャラメルマキアートなんかも頼むかもしれません。もしかしたら、ヴィーガンに染まり切った方はアーモンドミルクのラテを頼むのもよいかもしれません。

 

  しかし、むふふ、あなたは困っていますね?

 

私のような冴えない男はスタバなんか来たこともない、何を頼めばいいかわからない、と。

 

 

そういう時はムースフォームラテを頼むんやで。

絶対やで。

 

後悔はさせんから、な!

週末飲んだコーヒー light up coffee, Fuglen

柄にもなく書き留めていたので書いてみました。

light up coffee

lightupcoffee.com

  • ペルー ラ ロマ

カードに書いていたフレーバー:アプリコットジャム、クッキー

他のコーヒー屋さんでもよく見る気がする。 優しい甘さで、果実も感じるが独特の香ばしさあり。クッキーというか、穀物を焙煎した香りで、それが甘さの柔らかさと相まっていいかおり。スッと入ってくるボディの軽さ。

  • グァテマラ ラ ベンディシオン

カードに書いていたフレーバー:マカダミアナッツ、オレンジ、桃

マカダミアナッツを強く感じる。 オレンジのフィールは明るい酸が口に含んだ最初にすっとくる感じと、あとからジーンとくる甘さによるものだと思う。 ももはうっすら感じる。あとから優しい甘さがくるためかと思う。

  • ガスラ ブルンディ

カードに書いていたフレーバー:オレンジ、ハーブ、完熟ブドウ

ボディが軽く、酸が鮮やかな印象で爽やかなコーヒー。ハーブはえぐみや臭みではなくパクチーをごく薄めたような感じである。ハーブに詳しくないのでうまく言えないがもっと例えられるものがありそう。

他に新商品のケニアエチオピアを試飲させていただきました。 ケニアはよくあるトマトっぽさがなくよりフルーティーな感じ。 エチオピアを買って帰りました。楽しみ。 個人的にプレオープンしたときに伺ったり、このコロナ禍でも元気に新商品を開発して魅力的なマーケティングを行ったりと好きなもっとも好きなコーヒー屋さんの一つであります。

f:id:turning-running:20201115214105j:plain
飲み比べセット

Fuglen Coffee Rosters 登戸

fuglencoffee.jp

  • ファゼンダ パッセイオ

黒蜜のような甘さ、煎った大豆を噛み締めた時のような甘さ。酸は明るくライムのようにパッと消える。全体的に穏やかな印象。エスプレッソをいただきました。

カードに書いてあったこと:ベリー、リンゴ、ブドウ、チョコレート リンゴというよりコンポート、ブドウというよりワイン、発酵臭とはいかないけどふっくらとした香りを感じる。 きび砂糖のような甘さ。 プアオーバーでいただきました。

f:id:turning-running:20201115214844j:plain
アイスラテはともに行った母のもの

美味しい名店が近所にあるのは幸せなことですね。

多摩川の土手に登ればリフレッシュできます。 しあわせ。

 あなたは有名なコーヒー屋さん、こんこの土地ならここの豆を飲むべきだとおすすめされたコーヒー屋さんで何を頼むだろうか。

 

 初見のコーヒー屋さんに行くと必ず迷う。そしてレジ前で悩む時間がバリスタさんにとってかなり申し訳ない。

 

 エスプレッソが得意、もしくはエスプレッソで抽出する味が一番表現したい味であるコーヒー屋さんであれば、エスプレッソとカプチーノを注文すれば問題なく落ちつく。エスプレッソのおすすめの豆をきき、こんな味が好きだと言えば、バリスタは気合を入れて抽出してくれること請け合いで、そのような会話はバリスタの熱意が伝わってきて楽しいからだ。

暑ければカプチーノをアイスにしてもらうか、コールドブリューにして貰えば幸福になること必至である。

 

また、喫茶店や、エスプレッソマシンが小さなものしかない、フィルターコーヒーやフレンチプレスを推している店も割と簡単だ、ここで悩むのはブレンドかシングルかくらいで、好みの豆をバリスタから聞いて探れば良いだけだからだ。

まあ、こういう店に限って美味しそうな豆がずらっと並んでいて、遠くの店であっても、通わなければ!と思ってしまうことになるのであるが。

 

でも、たまに、何がベストか読めないお店がある。おしゃれで、フィルターコーヒーも美味しそうだし、エスプレッソマシンもいいものを使っている。豆もいいもの使っていそうだし、オリジナルドリンクも豊富なお店である。そういう店に当たると、また悩んでしまう。

 

そして頼んだ後に気づく、コーヒーなんて好きに飲めばよいものだということを、、、